集英社オンライン

カテゴリ

人物プロフィール

田村耕太郎

田村耕太郎

国立シンガポール大学リークワンユー公共政策大学院 兼任教授

2023年、一橋大学ビジネススクール客員教授。カリフォルニア大学サンディエゴ校、グローバル・リーダーシップ・インスティテュート フェロー。早稲田大学卒業後、慶応大学大学院(MBA)、デューク大学法律大学院(LLM)、イェール大学大学院(MA)各修了。オックスフォード大学AMPおよび東京大学EMP修了。山一証券会社にてM&A仲介業務に従事。米国留学を経て大阪日日新聞社社長。2002年参議院議員に当選し、2010年まで参議院議員。第一次安倍政権で内閣府大臣政務官(経済・財政、金融、再チャレンジ、地方分権)を務めた。2010年イェール大学フェロー、2011年ハーバード大学リサーチアソシエイト、世界で最も多くのノーベル賞受賞者(29名)を輩出したシンクタンク「ランド研究所」で当時唯一の日本人研究員を歴任。2012年、日本人政治家で初めてハーバードビジネススクールのケース(事例)の主人公となる。他、米国、シンガポール、イスラエル、アフリカのベンチャーキャピタルのリミテッド・パートナーを務める。2014年より、国立シンガポール大学リークワンユー公共政策大学院兼任教授としてビジネスパーソン向け「アジア地政学プログラム」を運営し、20期にわたり500名を超えるビジネスリーダーたちが修了。米ミルケン・インスティテュート アジアフェローも務める。2022年よりカリフォルニア大学サンディエゴ校でもアメリカ地政学プログラムを主宰。CNBCコメンテーター、企業のSDGsスコアをAIで可視化するサービスRIMMの主席アドバイザー、世界最大のインド系インターナショナルスクールGIISのアドバイザリー・ボードメンバー。世界のスタートアップに投資するエンジェル投資家でもあり、Web3.0、クライメートテック、フードテック、ロボット、教育関連中心にシリコンバレー、イスラエル、アフリカ、東南アジア、インドで投資を行う。スペースX社、ツイッター社、サンドボックスVR社にも投資。シリーズ80万部突破のベストセラー『頭に来てもアホとは戦うな! 』(朝日新聞出版)、『地政学が最強の教養である』(SBクリエイト)など著書多数。プロフィール写真撮影/小原雄輝

特集

特集一覧を見る

スポーツ

スポーツ一覧を見る

新着記事

新着記事一覧を見る
SNS